活動日誌

役員会費や飲み代に税金を使う、とんでもない話

カテゴリー:

酒食に税金支出できるのか

 事務員の給与のごまかし、理容組合の役員会費用、お風呂屋さんの組合懇親会費用、釣りクラブ飲み代費用、愛知県議会議員の減税日本、自民党、民主党、名古屋市議会議員の減税日本の議員の政務調査費の支出で問題が出ています。使ってもいない費用の領収書を提示して私腹を肥やすことはもちろん、そもそもこのような支出ができるのでしょうか。

議員の仕事

 首長の仕事を市民の立場からのチェック、市民要求の実現、住民福祉のまちをつくる、などが議員の仕事ではないでしょうか。そのことに、どれだけの報酬を出し、調査研究費を出すかは、町の規模によって異なると思います。

まちの調査研究費

 名古屋市議会は、会派として調査研究を行っています。日本共産党市議団は、職員も雇っています。支出に当たっては、会派の了解が必要です。議員の仕事になっているかどうかきちんとチェックします。1兆円の名古屋市予算。調査研究費にお金がかかりますが、市民のためになっているかどうかがもっと大切です。個人の判断で支出することは調査研究費の悪用です。

議員報酬800万円に賛成

 では、議員報酬800万円をどう考えるか。市民生活を考え、議員の仕事を考え決めるものでしょう。2年前の市議選で、日本共産党は、私も含め、年800万円を公約にしました。臨時的な特例でなく、通常の条例で規定することです。大切なことは、議員の仕事を行っているかどうかです。議員は、生活のために、議員を務めているわけではありません。第一は、議員活動の中身です。

全容解明、責任を明らかにする

政務調査費、政務活動費が適正に使われ、議員の信頼を勝ち取る制度にするため、まず、事件の全容の徹底解明。責任を明らかにすることです。

市民生活をよくする仕事にふさわしい議員実現を

 市政の仕事を市民の立場からチェックし、議場で論戦を交わし、改善を進める。議員の話題の第一に、この内容が話題となる議員を実現するために力を入れます。

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.