活動日誌

国民の知る権利を保護し、秘密国家保護の法律を廃止へ

カテゴリー:

国民多数の声秘密保護法廃止へ運動開始を無視した強行採決は許さない

 12月6日(金)午後11時20分過ぎ、参院で「秘密保護法」が、自民党、公明党の賛成で成立しました。

反対討論は、日本共産党仁比聡平議員だけ

 秘密保護法案への反対討論は、日本共産党だけ。賛成討論は自民党だけだったそうです。民主党は、反対討論を行わず、その時、議場外にいたそうです。みんなの党、維新の会も。

国民の知る権利のためには、情報公開の徹底こそ求められています

 国民主権、住民が主人公といいます。住民投票の重要性も語られます。その前提に、関連情報がきちんと国民、市民に知らされている情報公開の徹底こそ必要です。この流れに逆行する「秘密保護法」は廃止、撤廃しかありません。

「秘密保護法」の効力発生までに1年以上あります

 法の施行までに1年以上あります。国民の意志に反し、憲法に違反する「秘密保護法」は廃止です。今からがたたかいです。

12月8日のアジア・太平洋戦争開戦日とともに、12月6日を忘れない

 宣伝カーの看板、横断幕を書き換えました。命、くらし守る運動の土台、民主主義を守る新たな運動のスタートです。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.