活動日誌

消費税8%も、集団的自衛権も恐ろしい

カテゴリー:

 くらしと経済を壊す消費__税増税反対の宣伝を今日も実施しました。がんばれよ、の声をもらいました。

消費税も集団的自衛権も

 うどん屋に入ったら、おかみさんが消費税もひどいけど、集団的自衛権も怖い。何であんなに戦争が好きなのかね、岸の孫だね。夫婦で経営している店で、消費税で嘆かれると思ったら、集団的自衛権の話でびっくりしました。

軍事費拡大も消費税増税を財源に

 消費税は、社会保障のためだ、財政再建のためだ、と安倍首相は言っていますが、偽りであることは明らか。年金も医療費窓口負担も、介護も改悪。子育ての費用も削減。軍事費5年間で25兆円も計画。これも消費税増税が財源になっています。景気回復のためだとでもいうのでしょうか

黙っていたら来年10%へ

 反対の声は、今でしょ。黙っていたら来年10%。

河村市長は、バス・地下鉄など公共料金に消費税増税転嫁

 河村市長は、増税分転嫁。自民、公明、民主、減税日本も賛成。日本共産党は、反対。河村市長の予算案は、福祉を削る一方、笹島地下通路に130億円。リニア新幹線開業を前提に名古屋駅前開発。名古屋城天守閣木造化に300億から400億。はては、蒸気機関車を走らせたい。これに対し、日本共産党は、予算の組み替えを求めました。

くらし守るために国の悪政の防波堤となり、大型開発、不要不急の公共事業にメスを

 不要不急の公共事業は、国の押しつけもありました。国の悪政から市民を守り、無駄にメスを入れて消費税から市民を守ることです。そのことを求め、市政を監視し、市民要求実現、暮らしに憲法を生かす議員めざし全力を尽くします。

 安倍暴政、市民犠牲の河村市政に対し、市民を守る市政が必要です。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2018 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.