活動日誌

2022年12月完成の名古屋城木造復元の市民合意はない

カテゴリー:

 本日6月21日、2022年12月完成の名古屋城木造復元の市民合意はない、ということを4月市長選挙での、世論調査や選挙出口調査に基づいて市長に質問しました。

これから4年間の市政運営の基礎は、市民の声を聞くこと

 今開催されている名古屋市議会6月議会で、日本共産党名古屋市会議員団を代表して質問を行いました。505億円の木造復元が、税金投入となれば、福祉・医療・教育に予算がますます回らなくなります。そのことを河村市長に問いましたが、ま正面から答弁しようという姿勢がありませんでした。

敬老パス、子ども医療費無料化について利用拡大を市長は明言

 河村市長の市長選マニフェストの敬老パス、子供医療費の無料拡大を求め、市長は明言しました。

魅力ある天守は、耐震・老朽化補強の腕、博物館機能、学芸員の増員で専門性を高めるなどして、名古屋の歴史・未来、名古屋城の歴史、名古屋の見どころがわかる「情報発信施設」にする提案を示しました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.