活動日誌

言っていることはわかるが、日本共産党の党名では抵抗があるといわれました

カテゴリー:

 自民党政治への抜本的春日井業者後援会対案はわかるが、党名が気に入らない。あるいは、党名を言うのがむつかしい、という声が、今日の春日井の業者後援会でも出てきました。

この声にこたえて

 

 共産党というと、暗いイメージや、独裁のイメージがあります。わたしは、「共産」とは、共に産みだす、と言っています。いま、大企業が、労働者や中小企業家をいじめて大もうけをしています。そんな生産のし方でなく、労働者と中小企業家が、手と手を合わせ、共に産み出す、そんな生産のし方に変え、もっともっと自由な時間をつくって個性を伸ばす、こんな未来社会を描いて、「共産」党と名乗っています。そして、今の日本においても、アメリカ言いなりでなく、アメリカと対等平等な関係をつくる、大企業中心でなく、大企業の役割もあるが、労働者も、中小企業も役割がある。お互いに役割を認め合うルールある経済社会をつくろうというのが日本共産党の提案です。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2021 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.