公約・政策

2019年4月名古屋市会議員選挙政策(一次案)を発表しました。こちらをご覧ください。

概要は以下の通りです。

1、安倍自公政権に直結する河村市政と対決し、福祉、暮らし第一の市政転換めざす日本 共産党名古屋市議団の値打ち―名古屋市議選の争点と対決構図

(1)安倍自公政権に直結する河村市政の実像

  ①大型開発、大型事業に熱中する河村市政―けしかける自民・公明

  ②名古屋城天守閣をめぐる河村市長の暴走、憲法9条も敵視

  ③富裕層を優遇し、貧困と格差を広げる市民税減税

(2)5議席から12議席にパワーアップ!河村市政と対決し、要求実現に奮闘する日本 共産党名古屋市議団

  ①今まで市政に届かなかった声を実現

  ②市民との共同を広げて悪政をストップ

2、「市民の暮らし第一」の市政転換へ名古屋市議選にのぞむ「4つの実行」と「3つのス トップ」

 〇「4つの実行」 ①小学校給食の無償化

          ②敬老パスの利用拡大

                  ③国保料一人1万円引き下げ

                            ④介護保険料引き下げ

 〇「3つのストップ」

   ①不要不急の大型事業は中止する。

   ②現天守閣の解体及び2022年12月完成をめざす天守閣木造化は中止し、市民

    意見を踏まえて再検討する。当面は耐震改修と老朽化対策、バリアフリー改修を

    行う。

   ③富裕層優遇の市民税減税はキッパリ廃止する。

 〇実現への手だてと財源―予算組み替え案を毎年提案

3、子育て、教育、福祉・くらし第一の市政実現へ「5つの改革」提案

 (1)「福祉日本一」を取り戻す

    ①教育・保育の負担を軽減、子育てしっかり支えます

    ②医療・介護・福祉の充実で高齢者や障がい者の豊かなくらしを支えます

    ③人権を守り、文化を育てます

 (2)防災・環境の先進都市をめざす

 (3)中小企業支援で地域経済を活性化させる

 (4)「非核平和都市なごや」の実現

 (5)市民に開かれた議会への改革を、市民とともに

  ① 政務活動費支出の領収書等をインターネットで公開する。

  ② 議会報告会を毎定例会後に開催する。議会提出資料をインターネットで公開する。

  ③ 自民、公明、民主(名古屋民主)によって800万円から1450万円に引き上

    げを決めた議員報酬条例は白紙に戻し、新たな議員報酬については、市民参加の

          第三者機関を設置して決める。

  ④ 任期中一回の慣例的な海外視察を廃止する。

                                      以上

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2018 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.