活動日誌

議員報酬年800万円を1450万円へ、本会議で即決を狙う自民・民主・公明

カテゴリー:

あおなみ線小本議員報酬問題等 明日8日午後2時以降、名古屋市議会本会議で、議員報酬引き上げ、議員定数削減の条例を、自民党、民主党、公明党が本会議だけで即決で可決する動きです。ぜひ、名古屋市議会本会議傍聴をお願いします。

年収800万円を650万円引き上げる理由は語らない

 なぜ、引き上げるのか。その理由は、語りません。他の政令市に比べ低い、とか、削減率は政令市一番だ、というだけです。額の説明であって、引き上げる理由ではありません。

身を切ると言って議員定数7削減。民意を削って身を太らせる。

 報酬引き上げだけでは理由が立たないので、身を切るといって、議員定数を7削減する条例案も出しています。名古屋市の人口は229万人。議員一人当たり3万人余の人口です。名古屋市のお隣大治町の人口は、3万人余。議員は12名です。定数が減ればそれだけ市民みなさんの声が届きにくくなります。

800万円継続、定数75を人口比例で配分

 私たち日本共産党は、徹底審議を求め、報酬800万円、定数75を維持するために全力を尽くします。

報酬質疑を江上が行います。

 質疑を行います。

8日本会議の流れ

  個人質問(午後2時すぎ)

        ↓

  補正予算等の採決

        ↓

  市長提出条例案(800万円恒久化)の提案説明と質疑、

        ↓

  議員提出条例案の委員会審査の省略(!)の採決

        ↓

  議員提出条例案(3会派案および、日本共産党案=現行定数維持等)の提案説明と質  

  疑(定数は、山口清明議員、報酬は江上が行います)、討論

        ↓

       採決

 

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.