活動日誌

河村名古屋市長に新年度予算要望

カテゴリー:

2017-1-16%e5%b8%82%e9%95%b7%e8%a6%81%e6%9c%9b%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%b7%a6%e3%81%8b%e3%82%89 1月16日、日本共産党市議団は、河村市長に対し、新年度予算にあたり、市長要望を提出しました。詳しくはこちらをご覧ください。

金持ち減税の市民税減税は廃止を

 市民税減税は、一律5%減税で、金持ち優遇となっています。一方、市収入が110億円余減ることから市民サービス後退となっています。減税を行っていると国が地方債発行を認める場合、「行政改革の取り組み」が条件となっています。「行政改革」とは、市の責任を放棄して安上がりの行政を求めるものです。そして、大型開発推進となっています。だから、「市民税減税は廃止を」と市長に、私は求めました。

河村市長は、市民税減税廃止は、増税と反論

 そこで、私は、金持ち減税廃止だから金持ちに増税だ、と反論しました。市民には市民サービス向上にもなります。

河村市政の検証を日本共産党市議団は実施

 新年度の市予算案発表は、2月15日です。日本共産党市議団は、河村市政の検証シンポを、2月4日(土)午後1時半から、名古屋港湾会館(地下鉄名古屋港下車)で開催します。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2018 EGAMI HIROYUKI All Right Reserved.